スタイル抜群の風俗嬢

アイドルなんて目じゃない彼女

女性画像

アイドルと言えば本来であれば一般人ではかなわないような可愛いオーラを出している子だと思うんですけど、最近は大人数のアイドルが増えてきているので、単体で見るとそうでもない…って思うような子もいますよね。むしろ風俗嬢の方がレベルが高いくらいだろうって子もいる程。そうなんです。実は前回の風俗で相手をしてもらった子がそれこそアイドルなんて目じゃないような女の子だったんですよ。新宿でトップクラスの評判店が載っているデリヘルサイトで見つけたWというデリヘル店にいるJちゃん。彼女は相当なポテンシャルを持つデリヘル嬢でしたね。外見だけでも相当ハイレベル。でも彼女は外見だけに頼るのではなく、どうすれば男を楽しませられるのかまで考えてくれている聡明な女の子でした。あそこまで出来る女の子なら人気が出るのも当然。むしろ風俗ってルックスも大切だと思うんですけど、ルックスがアイドルなんて目じゃないレベルで性格だって良いとなれば、人気が出るのも当たり前だよなって改めて思わされましたね。

課金、辞めました…

それまでとあるソーシャルアプリに課金していた額は一ヵ月で10万円は下らないですね。面白いというよりも後には引けないって気持ちでした。別にゲーム内で有名になりたいとかではなく、引くに引けない…そんな意地でしたけど、案外あっさりと辞めれました。なぜなら違う対象を見つけたんです。そう、風俗です。これからはこれまで楽しんでいたお金で風俗を楽しもうって思ったのは、同僚に連れられて風俗まで行ってきたんです。どうやら自分の重課金振りを見てこれはまずいぞと。それで風俗まで連れて行ってくれたみたいですが、そうなるとハマり症の自分としてはいろいろと調べるようになるじゃないですか。そこでデリヘルを見つけたんです。お店に行くよりもこっちの方が手軽で楽しめるんじゃないかなってことで、デリヘルをよく利用するようになりました。デリヘルは時間も場所も自分次第なので、アイディア次第でたくさん楽しめるなって思ったらソーシャルアプリなんてどうでもよくなりました。

空しいから風俗に行った

なんだか毎日が空しい…そう思っちゃったのはきっと女っ気のない生活だからでしょうね。きっとモテる男であればこんな虚しさなんて感じないと思うんですよね。でも自分は虚しさを感じる…。これを解消するためには女の子と遊ぶしかないだろうって思ったので、風俗でもって気持ちになったんですよね。風俗であれ何であれ、とにかく女の子と遊ばないとこの虚しさは解消出来ないだろうと。それでホームページをチェックしたんですけど、デリヘルが良さそうだなと。システムだけじゃなく、Eちゃんというデリヘル嬢がかなり良さそうだったので彼女を指名してみようかなと。それで彼女を指名させてもらったんですけど、これが相当楽しかったんです。そして確信しました。これこそ自分が求めていたものだなって。女の子との時間は、自分がこれまで抱えていた鬱憤をすべて晴らしてくれました。つまりは、ただ単純に欲求不満だったってだけの話なんでしょうけどね(苦笑)